2012/10/02 (Tue) 米国・財政の崖っぷちに立つ
米国の財政は崖っぷちに立っている



米国の財政赤字が「危険水域」というか、「崖っぷち」に来た。統計数字を見せたところで、大衆には、ピ~ンと来ない。うちの青い目のかみさんも~その退職者の兄弟姉妹も~エンジニアの甥も~教師の姪も、"Fiscal Cliff"が何のことかわからない。ただ、クリフということばに怯えている。

日本の現時点の世相は、1)野田政権が終点に来た~2)安倍政権への期待~3)中国の領土領海への侵犯。この三つにメデイアは集中している。自民党総裁となられた安倍晋三さんでも、“今、国難とも言える中国の領土領海侵犯。私は、最初に国防と外交に力を入れる”と語っている。

だが、同盟国の米国はどうか?国務長官のヒラリー・クリントンは、“日中も、日韓も冷静に”と言うばかりである。パネッタ米国防長官も同じことを東京でも、北京でも言ったのである。

それでは、アメリカにとって、“尖閣諸島の日中領有権争いはアメリカの国益を脅かす「国難」ではない”となる。では、「アジア太平洋の安寧」はアメリカの国益ではないのか?

答えは、“アジア太平洋を中国の好き勝手にはしない”というアメリカのコミットメントは明確である。だが、日中尖閣紛争よりも、重大なことがアメリカに起きているということなのだ。

本日のエントリーを「米国・財政の崖っぷちに立つ」とした所以(ゆえん)である。伊勢平次郎 ルイジアナ



2012年6月9日(土)

米国「fiscal cliff=財政の崖」

WSJ

今、米国でも今後の経済回復に危険視されているのが「fiscal cliff=財政の崖」問題。

これは現行の減税措置の停止や強制的な政府支出の削減を意味する。2013年が始まる前に米議会が手を打たなければ、民間試算では「崖」のイメージ通り、経済需要が総額で約6000億ドル(約48兆円)も急降下することを指す。

「財政の崖」に対しては米国内外で強い懸念が表明されている。バーナンキ議長は支出削減の悪影響を「相殺する手立てをFRBは持ち合わせていない」と議会にくぎを刺す一方、経済協力開発機構(OECD)も強制削減が発動されれば米景気回復が腰折れしかねないとの見解を表明した。実際、米議会予算局(CBO)はその場合、2013年前半の国内総生産(GDP)成長率が1.3%のマイナスとなり景気後退に入ると予測。民間側はGDPを3.5%-4.00%下押しすると予測している。


ロイタ-

スタンダード&プアーズ(S&P)は8日、米国の格付けを「AAプラス」に据え置くと発表し、2013年初めに予想される大型減税の打ち切りと財政支出の削減が重なる「財政の崖」の回避に期待するとの立場を示した。今回、格付けを「AAプラス」に据え置くことを確認したことで6カ月から1年にわたる新たな見直し期間に入る。格付け見通しは引き続き「ネガティブ」となっていることから、この期間中に格下げが行われる可能性がある。

米国の格付けを「AAプラス」に据え置いた理由として、金融面での信頼、および主要準備通貨としてのドルの地位を挙げたものの、米国は「主に政治、財政面での」信用リスクに直面していると指摘した。

他の格付け会社フィッチ・レーティングスが「AAA」、ムーディーズが「Aaa」と、ともに最上位の格付けを維持。ただ、両社とも格付け見通しを「ネガティブ」としており、向こう1年から1年半の間に格付けが引き下げられる可能性がある。


米国財政収支(月次)
2012年
04月財政収支(月次) +591億$
03月財政収支(月次) -1982億$
02月財政収支(月次) -2317億$
01月財政収支(月次) -274億$
2011年
12月財政収支(月次) -860億$
11月財政収支(月次) -1373億$
10月財政収支(月次) -985億$
09月財政収支(月次) -646億$
08月財政収支(月次) -1342億$
07月財政収支(月次) -1294億$
06月財政収支(月次) -431億$
05月財政収支(月次) -576億$
04月財政収支(月次) -405億$
03月財政収支(月次) -1882億$
02月財政収支(月次) -2225億$
01月財政収支(月次) -498億$
2010年
12月財政収支(月次) -800億$
11月財政収支(月次) -1504億$
10月財政収支(月次) -1404億$
09月財政収支(月次) -345億$
08月財政収支(月次) -905億$
07月財政収支(月次) -1650億$
06月財政収支(月次) -684億$
05月財政収支(月次) -1359億$
04月財政収支(月次) -827億$
03月財政収支(月次) -654億$
02月財政収支(月次) -2209億$
01月財政収支(月次) -426億$


(伊勢爺さんの解説)

米国では、ようやく4月に月次収支の黒字を計上できた。また赤字に転落するのですが。逆に、ここ2年を振り返っても、2月の2317億$という赤字額は最悪だった。つまり、これだけの赤字を膨らませているから、米国経済が成長しているというふうに映っている。

上述にもあるが、政府が民間の赤字を肩代わりできなければ、経済需要が減少して規模は縮小する。あくまで、米国経済は「見せかけの経済」だという認識が必要だ。

それでは、来月の大統領選挙の結果や~米国議会の構成は、12月31日の真夜中の「崖」をどうかわすのか?何もしなければ、米国経済はリセッションが確実なのだ。世界経済が後退するわけだ。次回(その2)で、可能性を探るとしよう。ご期待乞う。伊勢






日韓断交国民運動のメール先は、、 nipponfalcons@gmail.com

是非ご賛同を頂きたい。署名もカネも要らない。メールでご賛同ください。野田佳彦は総理大臣というが、天皇陛下を侮辱した韓国大統領とその国民に対して、何もしないようだ。1)竹島の返還~2)慰安婦像撤去~3)日本人憎悪教育の廃絶に応じるまでは、日韓外交を停止することを、日本政府に要求するものである。ヒラリーや、アーミテージが反対できるものではない。応じないならば、韓国債売り払い~通貨スワップ協定破棄を申し渡すとよい。それが日本国民の意思である。伊勢平次郎 ルイジアナ






comment

みなさん

安倍さんが、“日本を取り戻す”と次期政権の性格を総括した。中韓露との関係調整も、このフレーズの中で行えばいい。

高村正彦さんを副総理に指名された。「チャイナ・スペシャリスト」と自負されるためか、尖閣に関するご意見に、安倍・石破さんとの間に温度差を感じる。中国が何と言っても、尖閣は日本の領土だ。やりかたに批判はあっても、野田ポーキーさんの国有化は正しい。領土領海で毅然としない国家などない。

さらに、安倍政権の中心は、安倍さんと石破さんなのだ。経済は、東北の復興を第一優先として~日中・日韓貿易は再調整が必要。現在、中国も韓国も、ユーロ圏~米国~日本の市場なしには、貿易量は回復しない。対中対韓政策は、じっくりと時間をかけるべし。急げば回れさ。伊勢
2012/10/03 23:33 | 伊勢 [ 編集 ]

Mephist社長

今朝のブルームバーグは、社員500人以下の中小企業が雇用を伸ばしたと。ADPですね。今週の金曜日までUSの雇用情勢が株価を支配する。ベンさんが、“自分の仕事は、雇用創出とインフレの火消しだ”と。その通りだね。製造セクターで雇用伸びれば、住宅も、自動車も伸びる。この辺から米国経済に拍車がかかる。「財政の崖」は政治問題。2014年まで、現状維持じゃないかな?伊勢

http://www.bloomberg.com/news/2012-10-03/adp-says-u-s-companies-added-162-000-workers-to-payrolls.html
2012/10/03 23:07 | 伊勢 [ 編集 ]

メインスポンサーに手分けをして抗議行動実行中です。
追いつきませんが、左翼の真似で仕返しして居ます。

テロ対策訓練も大切だろうが、民主財務大臣の
リハーサルの方が大切ではないか。心配だ。
余計な事をするなよ。

IMF総会控え大規模訓練 警視庁
2012.10.3 19:52

IMF・世界銀行年次総会を控えた警備訓練で、拳銃を持った男を取り押さえるSPら=3日午後、東京都江東区
 東京都内で9~14日に開かれる国際通貨基金(IMF)・世界銀行年次総会を前に、警視庁警備部は3日、江東区内で要人警護や爆弾テロなどを想定した大規模訓練を実施した。樋口建史警視総監らが視察する中、機動隊員ら約800人が訓練の成果を披露した。
2012/10/03 20:57 | allco [ 編集 ]

皆様

遅ればせながら、自民党総裁選の内訳など。

●決選投票 ※党所属国会議員による投票
安倍晋三 候補 108票
石破 茂 候補  89票

●第1回投票
安倍晋三 候補 141票(議員票 54票/党員票  87票)
石破 茂 候補 199票(議員票 34票/党員票 165票)
町村信孝 候補  34票(議員票 27票/党員票   7票)
石原伸晃 候補  96票(議員票 58票/党員票  38票)
林 芳正 候補  27票(議員票 24票/党員票   3票)
石原の馬鹿息子が96票取っている事実に愕然とします。
日本の次世代を担うのがあのような迂闊で浅慮な発言を繰り返す輩だと思うとぞっとする次第ですね。
ともあれ、安倍総裁でよかった。

メディア対策の話題を一つ。
2009年鳩山内閣時に首相官邸に広報官を置く話があったようですが立ち消えとのことですね。
日本では1日に2回も官房長官が記者会見をするとか。
それで記者にプレスルームまで用意した挙げ句に漢字の読み方だのカップラーメンの値段を知らないだの書かれたのでは堪りませんね。
さっさと官邸報道官を設置し、メディア対策に政府発表とメディア各社の見解の切り分けを法律化するべきだと思います。
一次ソースは政府発表である以上メディア各社の味付けは別記にする法案を作ってはどうでしょうか。
新聞の紙面に政府資料を「生のまま」載せ、それに対する分析記事や駄文は別記にする方が今の日本の現状を考えると良い気がします。メディアは中学生以下の駄文で年収1000万円取る記者がゴロゴロ居ますが、さかんに庶民感覚が無いと批判する庶民感覚が彼らに判るものでしょうかね。

安倍総裁が食べたカツカレー3500円が「贅沢」と言う朝日新聞の食堂のカツ無しカレーは東京で3675円大阪で6300円です。
ついでに毎日新聞本社では同じくカツ無しカレー5040円。

メディアに媚びるのでは無く増長する彼らに鉄槌を下して欲しいと思うのは「庶民感覚」だと思います。
2012/10/03 19:58 | fts [ 編集 ]

伊勢殿
朝出掛けに書いたのでいきなり間違ってるのが、アホな証拠です。
B/SとP/Lを逆に書いていたので直しました。
B/SはBalance Sheet(貸借対照表:資産負債一覧)
P/LはProfit and Loss(損益計算書:今年の儲け)
です。
言わんとすることは伊勢殿の表現で正しいのです。
つまり不良債権をどれだけ銀行が抱えているかということです。
銀行の不良債権は、内部の引当金とイコールなので、カネが銀行に留まることを意味します。つまりカネが回らない。よって、不良債権を消化することが、景気回復の前提条件です。
日本の場合はリスク忌避が強すぎて投資対象が国債などに限定されているため、金融緩和しても銀行が国債を買うだけになっています。そのためカネが市中に回らない。逆に言えば、株主たる日本国民が「別にそんなに儲けなくていいから、絶対に損だけはするな」と言って、日々デフレに拍車をかけているというだけです。
2012/10/03 16:15 | Mephist [ 編集 ]

伊勢様
麻生さんなら大歓迎。大きな権限、そうですね。社会にそれを許す度量が欲しい。

見切り千両。流石です、参りました 笑
2012/10/03 14:00 | 田園 [ 編集 ]

>>逃げ遅れの伝統芸があるのが気がかりです。損切りが苦手なのかな。

女が“別れたい”と言う。伊勢青年は、さっと別れたよ(笑い)。24時間以内に次の相手に照準を定めたもんです。見切り千両なり。

復興需要は基本的にあるはず。ただ元に戻すだけじゃ芸がない。“災難を乗り越えて、東北は大きくなった”としたい。麻生さんを「東北復興大臣」にどう?大きな権限をあげないと出来ない。 伊勢
2012/10/03 12:28 | 伊勢 [ 編集 ]

Mephist様の提示された景気回復のパターンが順当かと思います。ただ日本の場合、逃げ遅れの伝統芸があるのが気がかりです。損切りが苦手なのかな。

復興需要に関しては当事者としては少々悲観的です。グランドデザインがまったく示されないから住民の意思が一向にまとまらないんです。急激に建築土建は潤っていますがツギハギですから先細りは必至なんですね。麻生さんあたりに景気よくハッパをかけて貰いたいものです。民主党には担当能力はありませんね。

2012/10/03 12:15 | 田園 [ 編集 ]

教科書も・・・日本は中国の言いなり

存在しなかった南京虐殺 2012.10.3 08:05
 ■「虐殺」に触れなければ検定通らず
http://sankei.jp.msn.com/life/news/121003/edc12100308060006-n1.htm
2012/10/03 11:42 | [ 編集 ]

Mephist社長

2006年からブログ発信を始めて、最も価値のあるコメンテータがあなたです。実際に経営者だから、評論ではないところに大きな価値があるのです。僕自身も評論家だけにはなりたくないと思っている(笑い)。

>>世界で一番回復が早いのが日本、、

そうです。大衆の国論は二分されていても、その大衆でも、こと経済には中露韓の持つ根強い無知がない。“力を合わせて生きよう”というコンセンサスが江戸中期から根付いている。

>>次がアメリカ、B/S調整が完了して、P/L調整に入っているところ、あと1~2年で景気回復。

>>次はEU。B/S調整が完了していないので、下手すると転ぶ。

>>最後は中国。魑魅魍魎の世界でワカランけど、これからハードランディングが予想される。逃げるなら今。 だったと思います。

>>日本は震災復興を上手に需要転換してやれば、良い具合に景気が持ち直すと思うのですがね。ただマーケットは必要なので、インドあたりの協力が必要でしょう。

上の全てのassessmentに賛成です。B/S、P/Lとは、不良債権の処理のことですか?Bad Bankとか、、伊勢
2012/10/03 10:28 | 伊勢 [ 編集 ]

伊勢殿
実はちょっと前に某銀行のセミナーが世界経済の話題でした。
簡単に言うと、世界で一番回復が早いのが日本。これはバブル的な好景気の後始末が、全部終わっている為。
次がアメリカ、P/L調整が完了して、B/S調整に入っているところ、あと1~2年で景気回復。
次はEU。P/L調整が完了していないので、下手すると転ぶ。
最後は中国。魑魅魍魎の世界でワカランけど、これからハードランディングが予想される。逃げるなら今。
だったと思います。
日本は震災復興を上手に需要転換してやれば、良い具合に景気が持ち直すと思うのですがね。
ただマーケットは必要なので、インドあたりの協力が必要でしょう。
2012/10/03 09:55 | Mephist [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/10/03 03:43 | [ 編集 ]

田園先生

ぼくの学習能力では、米国の対韓政策が良くわからない。防共の堤防ぐらいに考えているでしょう。伊勢爺さんは、何せ、多読だけが情報の源泉でスタッフもおらんし(笑い)。

野田ポーキーさん、前原クン、枝野クン、ミイラさま、、経済にか興味がないように思える。今ある物を再分配するとか、電力を風車で起こすとか、、民主党が居座っていては、日本ジリ貧は間違いなし。ここは、安倍さんも注意が必要です。小泉さんは、竹中某に騙されたよね。伊勢
2012/10/03 01:01 | 伊勢 [ 編集 ]

Mephist先生

あなたを日銀総裁に推薦します。

シェールガスと米海底油田はすでに中東からのタンカー・インデックスを下げているね。世界一石油需要の大きいアメリカが、国内のオイルとガスで自給自足して、中東から手を引く。さらに、輸出を考えれば、財政に貢献はするわね。ついで、世界経済がインフレに突入するのを避けられる。

だが、これも、今のところは、取らぬ狸の皮算用です。まず、シェールガスの採掘技術であるフラッキンッグは確かに進歩しているし、産出量が急増して~ガスの値段は安い。それでも、日本、韓国、中国は、2.5倍の値段。液化プラント~液化ガスタンカー~ガスに戻すプラントは意外に安くない。今の時点では、採算は確信できないと。

>>結局財政再建は、とっとと撤兵が一番で、その次が産業振興ですが、米国内需ではやや弱いのではないでしょうか。

防衛費削減も「崖」のひとつ。現在建造中の、原子力空母2艦もキャンセルは不可能。防衛産業の崩壊を招く。それでも、防衛費を減らす方向です。どれだけ?だから、大晦日の12時までに何かひとつに決めるわけです。増税と財政大削減、、これさ、EUのAusterutyと同じでしょ?UDDがバ~ンと下がる。購買力が下がる、、

>>ヨーロッパは壊滅的ですから、、

たが、ヨーロッパはオールド・エコノミーと言われるように、インフラは完備しているし~住宅にもチャイナのような問題はない。米国~ユーロ圏~アジアという順序で投資はされている。日本と中国や韓国を同じには置けないが、西欧が最初に投資を引き上げるのは中国です。だから、恩家宝はヒステリーを起こしている。一銭も儲からない尖閣で騒ぐのも、国民を騙す陽動作戦です。今年末から来年、再来年、、中国揚子江の南、広東州には失業者の暴動が燎原の火のように拡がるでしょう。伊勢
2012/10/03 00:47 | 伊勢 [ 編集 ]

伊勢殿
多分ですが、シェールガスの輸出をジャパンプレミアつけて出すのではないかと思います。価格としては、ヨーロッパ基準程度でいいので、日本も喜びますよ。
良い具合に稼げると思いますが、財政には焼け石に水ですね。

結局財政再建は、とっとと撤兵が一番で、その次が産業振興ですが、米国内需ではやや弱いのではないでしょうか。
となると、またデカップリングの話にするのか、中国に貿易不均衡是正を言いつけるのか、はたまた、日本に空母買えとでも言うのか(笑)
なかなか難しいところですね。
ヨーロッパは壊滅的ですから、マトモな商売相手は居ないようです。
2012/10/02 23:29 | Mephist [ 編集 ]

政府 25人の副大臣を決定
10月2日 15時39分

政府は、2日の閣議で、野田第3次改造内閣の発足に伴って、民主党から25人の副大臣の人事を決定しました。
副大臣に決まったのは、復興副大臣に、黄川田徹氏、参議院議員の今野東氏。
内閣府副大臣に、参議院議員の白眞勲氏、参議院議員の藤本祐司氏、参議院議員の前川清成氏。
総務副大臣に、大島敦氏(留任)、参議院議員の藤末健三氏。
法務副大臣に、山花郁夫氏。
外務副大臣に、吉良州司氏、参議院議員の榛葉賀津也氏。
財務副大臣に、武正公一氏、参議院議員の大久保勉氏。
文部科学副大臣に、松本大輔氏、笠浩史氏。
厚生労働副大臣に、西村智奈美氏(留任)、参議院議員の櫻井充氏。
農林水産副大臣に、佐々木隆博氏(留任)、吉田公一氏。
経済産業副大臣に、近藤洋介氏、松宮勲氏。
国土交通副大臣に、長安豊氏、伴野豊氏。
環境副大臣に、生方幸夫氏、園田康博氏。
環境副大臣は、原子力規制委員会の設置に伴い、
1人から2人に増えました。
防衛副大臣に、長島昭久氏。
以上の25人となっています。
このうち、3人が留任し、22人が新たに起用されました。

おっどろきの内閣人事!!
内閣府中枢の副大臣に白真勲って!!
そいつは議員になった時、民団に忠誠を誓ってたぞっ!!

有権者が悪いのですが・・。あんまりだ。
2012/10/02 23:01 | allco [ 編集 ]

伊勢様
米国は韓国への優遇措置を廃止するべきでは?
資本家から中間層への所得移転はバフェットも言及していたかと
思います。製造の現場を国内回帰させる政策を更に迅速に進めるしかないのかなと思います。勿論、日本も同様に中韓への技術タレ流しをやめて国内回帰。

華麗なる縮小が出来ればいいのですが。インフレが問題になるのでしょうか?
2012/10/02 22:58 | 田園 [ 編集 ]

ばら撒くオバマ大統領か、稼ぐロムニー氏か?
こんな単純ではありませんよね。

日米同盟で立ち上がる!
2012/10/02 22:33 | allco [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する