2012/10/10 (Wed) インドの国家計画・クダンクラム原子力発電所
インドの国家計画・クダンクラム原子力発電所

Dr. Manmohan Singh pm India 10.10.12 (Custom)

インドの首相、マンモハン・シン博士は、Porky野田佳彦とは違う。原発反対運動を“クダンクラムは非常に安全だ”と宣言して、ウラン燃料棒の注入を開始したのだ。安倍晋三・自民党総裁は、“2030年までに原発をゼロにするという野田政権は無責任だ”と経団連会長の米倉さんに伝えた。お二人は、日本の雇用をその胸に抱く愛国者だからだ。伊勢平次郎 ルイジアナ






Kudankulam 1

Kudankulam 2

Kudankulam 4

クダンクラム原子力発電所(Kudankulam Power Plant)とはインド南端のタミル・ナードゥ州ティルネルヴェーリ県のクダンクラム地区(Koodankulam)にあるインド原子力発電公社が建設している原子力発電所である。1号機は2011年12月に商業運転開始の予定であったが、福島第一原子力発電所事故を受けて広がりをみせる住民の反対運動のため延期されていたが、この10月8日、核燃料の注入が始まった。


インドの原発事情

インド共和国はIAEAに加盟していないことなどから核関連の国際協力を得ることが困難であり、最初の原子力発電所が1969年に操業を開始するなど早期から実用化していたものの、いずれも比較的小規模な発電所が多かった。

しかし、1988年にロシアと原子力発電所建設で両首脳が合意。その後中断期間を経て1997年にインドの国営企業であるインド原子力発電公社がロシアの原子力関連企業アトムストロイエクスポルトの援助を受け、ロシアの原子力企業ロスアトムにより建設工事が開始、インド初の100万kwを超える原発稼働が目指された。2004年には資材搬入用の専用港が完成、2011年初めには工事が完了し、同年7月に試験運転が行われ、12月に商業運転を開始する予定であった。なおロシアによる原発建設は、この地にさらに4基、インド全体で最大12基の計画がある。


資源国オーストラリア・中国からインドにシフト



これが、「ウラニウム・オキサイド」とか「イエロー・ケーキ」と呼ばれる、U308だ。オーストラリアは世界最大のウラン埋蔵量の国だ。だが、放射生物質のウラン。環境規制と鉱山開発のコストが行く手を阻む。現在のウラン産出量は、年間7000トンだ。カナダ、カザフスタンについで、世界で第三番目である。


Julia Gillard Ausie PM 10.10.12

オーストラリアの首相ジュリア・ギラード(JULIA Gillard)が来週インドのニューデリーを訪れる。三日間インド首脳陣と話すのだと。“歴史的意義の大き訪問”とされる。というのは、“オーストラリアのウラン輸出をインドに解除する”ことが目的だからだ。いわば、商用なのだが、オーストラリアは“IAEAのメンバーでないインドにウランを売らない”というスタンスだったので、これは、大きな変化なのだ。記事によると、「条約を結ぶ」と書いているから、ヘビーウエイトなんだろう。

オーストラリアと中国の貿易は激減した。オーストラリアは資源輸出国だ。鉄鉱石~石炭~銅~ウラン、、オーストラリアは、中国の軍拡も気に入らない。今は、“尖閣はチャイナのものだ”と言っているが、今に、“オーストラリアものものだ”と言いかねないと。だから、米海兵隊の西オーストラリア駐屯基地を合意したのだ。“どんどん演習してもいいですよ”などと言っている。さらに、オーストラリア海軍は、日本の潜水艦「そうりゅう」を買う考えだと。

これらは、全て中国共産党に不利な情勢なのだ。アメリカ指導の同盟国が結束して行く。資源大国のオーストラリアが、チャイナを捨てて~インドにシフトするというのも、ごく自然なことである。

ギラード女史は親日家でもある。津波に襲われた東北を二度も訪れている。現在、オーストラリアで、最も増加しているのがインド人移民だと。ここにも、オーストラリアが、ラッド前首相の親中国路線からインドや日本にシフトしていることが判る。

>>As part of the program, Ms Gillard will hold a chief executives forum as part of moves to strengthen business ties between the two countries. Trade between Australia and India has been growing more than 10 per cent in recent years and two-way goods trade has grown from about $3.3 billion in 2000 to more than $20bn last year.


インドの発電所の事情

これを見ると、インドの電力がいかに石炭による火力発電に依存しているかが判るね。石油はイランから輸入している。だが、この行方が暗澹となってきた。インドは、原発を急ぐ。

麻生太郎さんが、インドを訪問するといいんだがね。麻生さんが、「日本経済のドン」になられるのが日本にとってベストなのだ。経済に占める電力ほど重要なものはないからね。伊勢

http://en.wikipedia.org/wiki/List_of_power_stations_in_India

comment

fts先生
ぼん先生

伊勢爺は怒ってなどいないよ。ぼん先生のシニシズムも良くわかる。実際、嫌になっちゃうもんね。輿石をテーマにしようと思ってやめたわ。三文の糞の価値もないよ。

なんと言っても、結局は「経済と安全保障」だからね。これさ、どこの国も同じはずなんだが、支那の共産党は違うらしい。財相がだよIMFにも出なかった。“尖閣が国際経済協力とどう関係がある?”と聞きたいわ。北京は狂人の集団だよ。

ぼくは、ヒューストンの聖路加で、インド人のお医者さんや看護婦さんにお世話になった。意志も情熱も強い人々です。“インドを助けて上げたい”と主任看護婦さんに言ったら、“サンキュー、ミスター・オザキ”と合掌したよ。ぼくが咳込んで苦しむと、“ミスター・オザキ、アイ ヘルプ ユー”と飛び込んできて、涙ぐんだ。職業に、たいへんな情熱を持っているんだ。山中伸也さんにもその情熱を感じるね。あのひとは、大物になるわ。来年三月の京都シンポジアムに出たいと思う。

インドは地政学的にも重要な国です。チャイナと同じで、人口が大きく、エネルギー資源がない。現金も足りない。だが、インド人は有能です。モラルも高い。原発~港湾~新幹線、、そのほか多くのインフラが必要。インドとベトナムは急成長するでしょう。日米に熱い目を向けている。狂人が支配するチャイナよりも、日本にとって良いパートナーになるでしょう。伊勢
2012/10/13 09:10 | 伊勢 [ 編集 ]

ぽん 様

上の書き方では「原発批判」としか取れない書き方されてますからそれを指摘されたのではないですか?

豪州封じ込めであれだけ大変な思いをした前大戦の帝國陸海軍を思うと豪州にくさびを打って容易に支那寝返りが出来ないようにしたとも思えるので、一概に後退したとも思えません。
そもそも米軍に最初から「守って貰う」気ですか?

私は尖閣で敢えて死んでみせる位の気概を求められてると理解してますので、考えが甘いのでは?

伊勢 様

引き続きのご自愛にてお大事になさってください。

インドに関しては経済成長著しいですが、ブータン安全保障問題や領土紛争などの火種が多いし、道路やトイレなどのインフラにおいて不十分な地域であるので、どう転ぶか判らないと言う認識でいますが、支那包囲網の重要な一翼であることは間違いないと思いますよ。

先日も駅で原発反対の馬鹿者が「原発なしでもやればできる、今年の夏は原発稼働2基で乗り切った」などと言ってましたが、決して「社会の電力消費を抑えよう」という論調にならない。結論ありきなんですよ。
原発嫌、値上げも嫌、子供のわがままですね。
ああいう輩には経済も安全保障も理解できないんだろうなと暗澹たる気持ちになります。
2012/10/13 06:59 | fts [ 編集 ]

伊勢爺

エントリー記事と趣旨が違うことは理解してますが、コロコロと変わる国際情勢に一喜一憂していられないという意味で、あえて書きましたw

オーストラリアはつい先日までは中国マンセーだったし、また親中の首相になるかもしれませんしね。
米海兵隊も沖縄からオーストラリアへ後退したと見ることも出来るし、日本の安全保障について、私はあまり楽観的ではありません(オスプレイの配備は賛成ですよ)。
2012/10/13 01:35 | ぽん [ 編集 ]

安全をと、日本人が思い叶うなら・・・
鎖国です。
2012/10/13 01:13 | りょうこ [ 編集 ]

ぼんさん

このエントリーのテーマを良く理解して下さい。あなたは、オーストラリアがインドにウランを売ることに反対なの?

>>あと、オーストラリアでは露骨なインド人差別が(カレーバッシング)が社会問題になっています。

「経済と安全保障」がテーマでしょ?こういうコメントを読むと、“日本人は何を考えているのかな?”と暗澹となるよ。伊勢
2012/10/12 23:29 | 伊勢 [ 編集 ]

オーストラリア自身は決して原発をやらない政策なんだよね。そのくせしっかりとウランは輸出すると・・・
あと、オーストラリアでは露骨なインド人差別が(カレーバッシング)が社会問題になっています。アジア人が差別されがちみたいだねオーストラリアでは。つい最近まで白人至上社会だった影響か、その辺の意識は低いらしい。
結構クセのある国だよオーストラリアは(笑

人種差別問題ではアメリカ人の方が神経使って行動してるでしょうな。
2012/10/12 22:19 | ぽん [ 編集 ]

削除される前に拡散希望です!酷すぎる!東北の復興予算の
横流し、、、大阪の税務署改修費用、沖縄の道路、北米アジアなどの
青少年交流などの費用に莫大な金額が流れている!それを見直す為の
会議もすっぽかす民主党、前代未聞です。1日も早く政権交代しない
と日本が持たない!
http://www.youtube.com/watch?v=e1Q6gcwuEsE
2012/10/12 00:22 | 拡散希望 [ 編集 ]

やっぱり提訴は止めるって!

吉良州司外務副大臣は11日の記者会見で、
島根県・竹島の領有権問題をめぐる国際司法裁判所(ICJ)への提訴について、

「ベストのタイミングを考慮しながら、最終的に単独提訴するのが良いのかどうか、
これから検討することになる」と述べ、見送る可能性に言及した。
 
李明博韓国大統領の竹島上陸で悪化した日韓関係に修復の兆しが見える中、
韓国の反発を招くことが確実なICJ提訴は控えるべきだとの認識を示唆したものだ。

ただ、この発言について、外務省幹部は「単独提訴に向けて淡々と準備を進めている」として、
提訴の方針は変わらないと強調した。 

8月の李大統領の竹島上陸後、日本政府はICJへの共同提訴を韓国に提案したが、
韓国は拒否した。これを受け、日本政府は単独提訴の準備を開始。
準備作業は今月末にも完了する見通しだ。

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012101100951
毅然と検討するって!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「韓中日が協力すればEUに劣らぬ影響力も」
http://www.chosunonline.com/site/data/img_dir/2012/10/11/2012101101379_thumb.jpg

写真: 3カ国国際フォーラムの準備進める申鳳吉協力事務局長

 韓中日3カ国協力事務局(TCS)の申鳳吉(シン・ボンギル)事務局長は、15日に開催される韓中日3カ国国際フォーラム準備のため 慌ただしく動き回っていた。10日、申事務局長の執務室にはひっきりなしにスタッフが出入りしていた。

 事務局長は「現在の危機は韓日間、日中間という2国間の確執にすぎず、韓中日3カ国の間に紛争はない。2国間の確執が高まって いるのを受け、3カ国とも『こうした時こそ協力事務局に代表される3カ国協力の枠組みが崩れてはならない』という共感が生まれようと している」と語った。

崔賢黙(チェ・ヒョンムク)記者

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版: 2012/10/11 14:00
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/10/11/2012101101379.html


2012/10/12 00:07 | allco [ 編集 ]

【党首会談について等】安倍晋三総裁定例記者会見(2012.10.11)
http://www.youtube.com/watch?v=Fa1iXtYamPA&feature=player_embedded#!
2012/10/11 19:07 | allco [ 編集 ]

伊勢様
原子力の現場は眼が覚めたようです。
http://tameike.net/comments.htm#new
後は監督官庁の改革、そしてなんといっても国民が正気を取り戻さないといけないでしょうね。

東北電力の女川原発が震災被害を免れた理由は地元の電力会社の運用でしたから念の入れ方が違った。それだけの違いなのです。東電はそこのところが、なんというか他人事だった。監督官庁は言うに及ばずですね。改めての再出発を期待します。

2012/10/11 13:42 | 田園 [ 編集 ]

U.S. Sets Anti-Dumping Duties on China Solar Imports

The U.S. Commerce Department set anti-dumping duties ranging from 18.32 percent to 249.96 percent on solar-energy cells imported from China, reducing preliminary penalties imposed on Trina Solar Ltd. (TSL) and raising them slightly on Suntech Power Holdings Co.

The duties, the result of a complaint brought by the American unit of Bonn-based SolarWorld AG (SWV), may worsen trade relations between the U.S. and China, the world’s largest economies. The countries have sparred over government support for clean energy as President Barack Obama and Republican challenger Mitt Romney each pledge tough action on China ahead of next month’s U.S. election.

米国議会も大統領府も中国のインチキ貿易に厳しくなった。日中貿易をPorky野田は心配する。経団連もだが、いったん、日中貿易は見直すべきだ。中国共産党は異常な集団だからだ。エゴを通すために、軍事暴力も滲ませている。ここは正念場なのだ。最初に瞬いた方が負けだ。貿易やカネの問題じゃない。背骨の問題なのだ。伊勢
2012/10/11 09:14 | 伊勢 [ 編集 ]

上の投稿さん

有難うね。“思いっきり難しいことをやってやろう”と山中さん。また、奈良先端大の研究環境はアメリカレベルだと。山中さんの人格が自然体。ラスカー賞を受賞したときの自信に満ちたスピーチ。

研究者から臨床医学へ。このひとは、大きな仕事をやり遂げる。伊勢爺さんでも、あらゆる支援を差し上げたいと思う。

安倍さん、石破さん、麻生さんに、“日本人は技術で生きることが向いている”と確信を持って欲しい。少子高齢化など問題ではないよ。伊勢
2012/10/11 08:55 | 伊勢 [ 編集 ]

ノーベル賞を受賞された山中教授が、数年前に高校生に向けて講演された動画です。長い講演ですが、心温まる等身大の、しみじみ、、、とてもいい動画でした。このような謙虚で志の高いまだ若い教授がいる日本、まだまだ捨てたもんじゃないですね!自分の下で働く若い研究者の労をねぎらっておられる姿も素敵です。

「人間万事塞翁が馬」 京都大学iPS細胞研究所所長 山中 伸弥 教授
http://www.youtube.com/watch?v=ReKaknHHyTM&NR=1&feature=endscreen
2012/10/11 04:43 | [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する