2012/10/19 (Fri) (速報)野田佳彦の日本語?


野田首相は、“特定の時期を明示しない中でのぎりぎりの言及と思うが、その範囲では、ご理解をいただくということにはならなかった”と述べた。解散時期を明言せず党首会談に臨んだ?なんとも不思議な神経を持っているね。

安倍さんの腹の中は煮えくり返っているだろうね。こうなれば、29日とかの国会召集に応じないでもいい。国民になぜ国会に出ないのかを説明すればいい。さらに、来たる衆院選で、民主党候補を全部落選させ~民主党が二度と帰ってこない日本を作るのが良い。伊勢平次郎 ルイジアナ




comment

伊勢様、民主党の連中は平気で嘘をつき都合の悪い事を隠そうとする。まるでどこかの国と同じです。

盗人の頭目李が竹島へ上陸しさらには天皇陛下への侮辱を手下と共に発言したがその際「毅然とした対応」を行うとしたが国連安保理非常任理事国への支持投票を行ったと。
普通ならば不支持へまわりカンボジアかブータンを支持するべき。

これでは通貨スワップもどうなるもんかわかったものではありません。表側では韓国側から要請が無ければ増大分はそのまま無くなるようですが、本来ならば全て廃止が妥当な制裁措置です。

反日マスコミの報道では北朝鮮への抑止力を考えてとのもっともらしい歪曲意見ですね。これで韓国が恩を感じるとでも本気で政治家や官僚が考えているならば馬鹿としか言いようが無い。
今まで何度裏切られ歴史捏造と嘘を国際社会にばら撒かれ日本の国益と誇りを踏みにじられているのに。
もはやマスコミ同様政治の世界もかなり悪辣な考えを持つ在日帰化朝鮮人の手中に握られているとしか思えません。

野田とて同じ事、ごく一般の日本人ならば「近いうち」という時期はそんなに遠い将来のことを意味するものではないのに、ずるずると引き延ばしを図っています。輿石の思惑通りか。?

これでは日本が持たなくなります。
2012/10/19 21:08 | 一有権者 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する