2012/10/21 (Sun) (速報)日本を売る輩(やから)
日中はたいへんなことになると、、

niwa uichiro 10.20.12

丹羽宇一郎・中国大使。8月に、日の丸を取られるという襲撃事件があったわな。PORKY野田は北京に抗議だけした。この人間が銃殺されていたなら、どうしたんかな?丹羽はその目付きで肝が小さいことが判る。部下にだけ威張っているんだろう。


(FNN記事)日本に一時帰国している丹羽駐中国大使が20日、母校の名古屋大学で講演し、尖閣諸島をめぐる日本と中国の対立が、中国の新体制発足後も続くことに強い懸念を示した。

丹羽大使は「このまま(事態を)放っておくと、本当に大変だよと。本当に重要な危機がくるんだということを、私は本当に心配しております」と述べた。

丹羽大使は、尖閣国有化をめぐる中国の反発が、過去の対立とは「まったく次元が違う」としたうえで、「問題の深刻さを、日本政府や国民が感じていない」と強い危機感を示した。

また、こうした問題は、話し合いでの解決は難しく長期間かかるものだとして、11月に開かれる中国共産党大会で新体制がスタートしても、中国の強硬姿勢は変わらないとの見通しを示した。


伊勢爺の怒り

この丹羽という人間は日本を売る輩である。伊藤忠の会長だったとかで、いわば「商売第一」の人間。伊藤忠のような「政商」はカルトと同じだ。つまり「カネ」が神様の狂信集団なのだ。丹羽氏は、“尖閣国有化を取り消せ”と言っているのだ。

伊勢爺は、“尖閣は日本の主権領土で~中国の主張を退けることが正しい”と決めている。“決めている”というのは、日中貿易がゼロになっても、東シナ海の海底油田を支那が奪う行動に出れば、開戦を辞さない”ということである。“日米合同海軍VS中国海軍が開戦か?”となれば、北京は共産党体制が崩壊する可能性を心配する。

丹羽さんよ、習近平にはそんな肝ッ玉はないよ。そこはあんたと同じ弱い性格だからね。伊藤忠てのは、こんな漫画野郎が会長になれるんだ。は、は、は  伊勢平次郎 ルイジアナ






(おまけ)

昨夜、元同僚で今、千葉茨城のモスバーガーのチェーン店のオーナーとなっているK社長に電話した。すると、“今、ウズベキスタンに来てるんだよ~前社員だったひとの結婚式に招待されて”と。子供たちの歌声が聞こえた。伊勢夫婦も、昨年、キリギスタンに旅したので、中央アジアのヒマラヤ山脈に感激したものだ。東はアフガニスタンに接続するが、西へ行くと、モンゴル平原なのだ。南には天山山脈があり~その向こうは中国のウイグルだ。このあたりの民族はトルコ系である。大変な親日国であり~中韓人を嫌っている。遊牧民族だから、日中韓に比べて素朴なのだ。伊勢

comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する