2012/10/25 (Thu) 野田首相は暗愚な性格である
愚民の代表

noda_kosiisi cancer (Custom)

卑怯者の顔である。暗愚な指導者というしかない。


森本敏さんが、ひとり仕事をしている




防衛予算 将来見据えて削減に歯止めを(10月25日付・読売社説)

 防衛力の整備は一朝一夕にはできない。5年後、10年後の日本の安全保障環境を見据えて、防衛関係費の削減に歯止めをかけ、自衛隊の態勢強化に本格的に着手する時である。

 2013年度予算の防衛費の概算要求は前年度比1・3%減の4兆5851億円となった。このまま来年度予算が11年連続のマイナスになっても良いのだろうか。

 東日本大震災の復興特別会計の分を含めれば、前年度比プラスだが、それには被災した施設や装備の復旧分も含まれている。

 防衛費は今年度当初予算で、ピークの02年度から約3000億円減少し、10年間の減少額は累積約1兆8000億円にも上る。

 防衛費削減は数々の弊害を生んでいる。艦船や航空機の寿命を延ばすため、装備の整備維持費が新規調達費を上回る事態となり、調達の遅延や、防衛産業の衰退を招いている。築50年以上の老朽施設も全施設の2割を占める。

 見過ごせないのは、この10年間、ロシアが国防費を5・3倍、中国が3・4倍に伸ばしたことだ。米国、韓国、豪州などもこぞって大幅に増やす中、日本だけが財政難などを理由に減らしてきた。

 特に、中国軍の装備増強と活動範囲の拡大は警戒を要する。

 海軍は9月、空母を就役させた。艦船7隻が今月16日、与那国島近くの接続水域を通過した。19日には東シナ海で、尖閣諸島周辺でのトラブルを想定した国家海洋局などとの合同演習を実施した。

 尖閣諸島をめぐる中国の最近の高圧的な姿勢を見れば、中国軍の示威活動は中長期的に拡大していくと覚悟せざるを得ない。

 海上・航空自衛隊は中国軍への警戒監視活動を強化しているが、沖縄駐在の哨戒機では足りず、全国からの応援で対応している。

 中国の国防費は現在、日本の1・5倍強だ。今の増額ペースが続けば、10年後にはその差が5倍に広がる。極めて深刻な事態だ。

 防衛予算を効率的に使い、自衛隊の態勢を見直すことが大切だ。海自や空自など、南西方面の「動的防衛力」の強化を優先するには、北海道を中心に、陸上自衛隊の定数や駐屯地、戦車・火砲の削減を一層進める必要がある。

 日本は冷戦終結後、量より質を重視した防衛力整備を続け、日米の防衛協力を強化してきた。今後は、量にも配慮した自衛隊の拡充を真剣に考えねばなるまい。

 野田首相は「不退転の覚悟で」領土・領海を守ると言う以上、その覚悟を予算に反映すべきだ。

(2012年10月25日02時03分 読売新聞)


伊勢爺さんの怒り

おい泥鰌さん、前科者の鈴木宗男と会っている暇があるなら、森本敏さんとじっくりと話し合え!森本さんが長崎へ自衛隊の特殊訓練を視察された。森本さんは、若い自衛隊員の真剣な姿に感激した。“自衛隊員こと、日本兵は中国兵や朝鮮兵に負けないな”と確信されただろう。

国民は、国を守るために命を捧げる若いひとたちに感激さえすれば良いのではない。まず、1)ロ-テーション可能な人数~2)充分過ぎるほどの装備と弾薬~3)病院船~4)指揮官の戦地入り、、など必要なものは充分過ぎるほど提供するのが当たり前なのだ。日本は、中国に負けない経済大国なんだ。伊勢平次郎 ルイジアナ




comment

Mephist先生

今日は金曜日の朝。市況を読んでください。大統領選~財政の崖~納税の季節という「不透明」が原因かな?アップルなども、期待された成績を上げなかった。GDPは伸びたけども、、伊勢

http://www.bloomberg.com/news/2012-10-26/european-stock-index-futures-decline-before-u-s-gdp-data.html
2012/10/26 19:13 | 伊勢 [ 編集 ]

Mephist先生

高級国家公務員って、そんなに美味しいものなの?その高級公務員だった同級生いるけど、夫婦共に面白くない性格ですよ。ゲイツにも、ジョブズにも会ったけど、自然児の持つ朗らかさは魅力的だった。山中伸也教授が朗らかな性格だよね。

官僚は学歴優秀な者がなる。支那の科挙制度(官僚登用試験)に似ていない?人間性を破壊するという点が、、

官僚はまだしもだけど、野田佳彦や~鳩山由紀夫~管直人が国軍の最高司令官となると将兵の忠誠心はどうなる?伊勢
2012/10/26 19:00 | 伊勢 [ 編集 ]

いつぞや、某解説者が、なぜ防衛省は無能揃いなのか解説していました。
理由は至極単純でした。
「優秀な人間は、我先にと財務省、厚生省、国交省に集中します。それらの高級国家公務員の中で、どこも引き取ってくれない人たちが、防衛省という新しい組織に回された。そして官僚組織は純然たる年功序列です。あと30年はガマンしてください。」
だということです。
個人的には制服組にも政治闘争に参加してもらいたいのですが、文民統制を盾に政治活動すら認められていないですからね。
このアタリも本来は誤解で、仮に防衛大臣が現役武官となったとしても、自衛隊の指揮命令権限者は文民の長たる総理大臣ですから。
2012/10/26 18:33 | Mephist [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する