2012/10/27 (Sat) 中国の原発国家計画シリーズ(その1)
NYタイムスが“チャイナの原発建設再開”を報じた。

China Slows Development of Nuclear Power Plants
By KEITH BRADSHER
Published: October 24, 2012

(要約)

中国政府は24日水曜日、「内陸部の建設計画を廃止して~最初の計画であった50ギガワット(GW)は断念し~40GWに縮小し~2015年までに完成する」と白書で発表した。

福島原発事故(311.2011)を受けて、建設中だった26基を停止した。2011年の末の中国の原発の出力は、12.54GWに過ぎない。すると、原発の数は減っても、2015年には、今の3倍になるのである。

“チャイナは、技術高進~設備改良~技術者養成”と声明を出した。だが、IAEAも、チャイナの原子力規制委員会も、“急速な原発拡大開発が拙速にならないか?”と危惧しているのだ。“これだけの原発を監督する能力はあるのか?”とである。

毛沢東時代に内陸部に建設された原発は、外国の攻撃を恐れてのことだったが、これからは、海岸部の過疎地に建設するとしている。福島事故の前には、7基があ内陸部に建設される計画だった。

チャイナの原発は、チャイナが必要とする電力のたった1.8%なのだ。世界の平均は14%なのだからこれはダメだ。チャイナの電力は80%以上が石炭による火力発電である。すでに、大気汚染は深刻なレベルである。(以上)


中国は、燃料のウランはどこから入手する?

答えは、アフリカのナンビアとニジェールである。ナンビアのウラン鉱山は、去年オーストラリアの鉱山主から買収した。ナンビアは国情が不安定で恒常的に労働者のストが起きている。

今朝、大きなニュースが入ってきた。

niger open pit mine

アルジェリアの南、サハラ砂漠の一部である「ニジェール」のウラン鉱山だ。露天採鉱(USでは禁止されている)である。これの、13%をフランスのアレバ社から買う交渉に入ったと。合意するはずだと。理由は、二つある。1)世界でも極貧国のニジェール政府が“アレバ社が契約通りに開発しないならば、契約を破棄する”と脅していた~2)ニジェールのイスラム教徒武装集団の襲撃事件だ。武器はいくらでも、ナイジェリアから入ってくるのだ。

中国はこのニジェールやナンビアの危険なウラン鉱山でも入手する必要に迫られている。原発建設再開の発表の二日後という速さでだ。今朝、コーヒー飲み飲み、“このニュースが、伊勢爺さんが持っているワイオミングのウラン鉱山株にどうインパクトするのか判らないね?”とうちのに話した。わが妻は、“ふ~ん”なんて言ってた。家に帰ると株は騰がっていた。伊勢平次郎 ルイジアナ

                           ~続く~





comment

fts先生

石破さんは考えていると思うね。同国民に「アメと鞭」を使うしかない。国防費を、GDPの0.2%(1兆円かな?)毎年上乗せして行き~離島防衛に最適と思われる兵器と兵員を備えることでしょう。

実戦は、相手の戦力を打ち砕くことだから、「艦砲射撃」の訓練などが効果がある。米海兵隊など要らない。在沖米軍撤退が選択なら、それなりの覚悟(予算と日本軍育成)が必要となる。安倍さん。石破さん、麻生さんに大勝させないと出来ないよ。伊勢

2012/10/29 03:31 | 伊勢 [ 編集 ]

日米合同の離島奪還訓練 「別の島」検討も断念
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121024/plc12102407030009-n1.htm

いささか旧聞ですが、沖縄は日本でいるのが嫌なようだ。離島の奪還訓練が嫌なら本島も当然奪還しないで良いと。
行政府と警察・自衛隊を一切引き上げるべきだと思いますよ。当然沖縄開発庁は廃止で。内閣府に統合されているから沖縄関連予算全廃が妥当。
2012/10/28 23:21 | fts [ 編集 ]

恩家宝の隠し財産(英文)NYタイムス

http://bomanchu.blog81.fc2.com/
2012/10/28 02:28 | 伊勢 [ 編集 ]

恩家宝の隠し財産(中国語)NYタイムス

http://cn.nytimes.com/article/china/2012/10/26/c26princeling/

2012/10/28 02:03 | 伊勢 [ 編集 ]

「中国に恥かかせようとするもの」…中国外務省

 【北京=大木聖馬】中国のインターネットでは、温家宝
ウェンジアバオ
首相の親族による巨額の蓄財をニューヨーク・タイムズ紙が伝えた26日から同紙の英語サイト、中国語サイト双方に接続できなくなった。27日夜現在、その状態が続いている。


 中国外務省の洪磊
ホンレイ
(こう・らい)副報道局長は26日の定例記者会見で、同紙の報道について「中国に恥をかかせようとするもので、何か別の下心がある」と非難した。同紙サイトに接続ができなくなっていることについては、「中国は法に則してインターネットの管理を行っている」と述べ、政府が接続遮断を指示したことを示唆した。

(2012年10月27日18時20分 読売新聞)
2012/10/27 20:49 | [ 編集 ]

温家宝首相の親族が27億ドル蓄財…米紙報道

 【ニューヨーク=柳沢亨之】26日付米紙ニューヨーク・タイムズは北京電で、中国の温家宝
ウェンジアバオ
首相(70)の母親や妻、弟、長男ら親族が計約27億ドル(約2150億円)相当を蓄財したと伝えた。


 親族は国有会社の支援などを受けて投資を拡大してきたという。

 株式保有に関する公開資料などに基づき、同紙が調査報道した。それによると、温首相の親族は、友人や勤務先の同僚などの第三者を介した複雑な投資手法で、金融、貴金属、観光開発、通信などの企業の株式を保有。この中には08年北京五輪のスタジアム「鳥の巣」建設関連企業も含まれる。

 母親は、温首相の出身地、天津に登録された投資会社の名義で、金融会社の株式1億2000万ドル(約95億円)相当を保有。この投資会社は、温首相の妻の親友で天津出身の女性企業家が創設したという。

(2012年10月27日17時42分 読売新聞)
2012/10/27 20:47 | [ 編集 ]

田園先生

なるほど民主党は朝鮮人工作員の巣窟なんだね。野田を始めに、全員の議員バッジを剝がさないといかん。タイミング良く石原新党とやらが蠢動している。野田では勝てないと若造らが民主党を離れる。民主党は過半数を割る。それで、泥鰌は死ぬ。安倍・石破・麻生さんの三銃士に地すべり大勝を取らさないといけない。

中韓は、生き残りを賭けて走り出しているね。この連中は聞く耳を持たない。だから、論破ではなく、経済力で上を行くのが日本の道です。もうそろそろ大人になる時。一億評論家であってはならない。伊勢
2012/10/27 14:46 | 伊勢 [ 編集 ]

中共の焦りを感じますが支那のみならず世界中が、遠くない将来の節目のようなものに向かって焦ってるように感じます。節目の後でいかに良いポジションに着くかでしょうか。そうだとすれば当然の行動だと思う。しかし中共の焦りは尋常ではなく故に稚拙さが目立ちますね。日本は大人の対応などするべきではなく1つ1つ正論で返していくべきではないかと思う。必ず中共のぼろが出るから。
NYタイムスの支那ネタで温家宝の蓄財が報道されましたが一説によると中共内部の上層部しか知り得ない情報らしく、密告であろうとの事でした。支那は次の世界秩序入りは無いかな?そう願う。

日本の現状ですがかなり酷いです。最新の人事です。
内閣府副大臣 白眞勲
外務省アドバイザー 姜尚中
内閣府顧問(男女共同参画)辛淑玉
どれも筋金入りの反日朝鮮人工作員です。筋金入りだけでなく日頃の言動からもオープンの立場の工作員。
裏を返せば韓国も焦っていて生き残りの為に日本に寄生するオプションはなんとしても手放さないという事でしょう。そして民主党はそれを推進する党だと言う事です。
2012/10/27 11:56 | 田園 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する