2012/10/30 (Tue) ラクーンは泥鰌より頭がいい


伊勢爺さんは、風邪を引いて寝込んだ。でも、ラクーンは忙しいんだ。カミサンに起こされた。チキンヌードルとワインが夕食なんだと。

ハリケーン・サンデイがニューヨークに上陸。今のニュースでは、全域停電でマンハッタンは真っ暗だと。地下鉄には洪水で、その復旧には1週間掛かるのだと。人口密集の大都会。ウオール街は二日間閉めると。この経済的なインパクトは大きい。ケネデイ空港も、ニューヨーク港も閉鎖した。伊勢平次郎 ルイジアナ





comment

さくら姉さま

中国共産党というのは、「憲政」という言葉が理解出来ないのですね。だから、すべてで食い違ってきます。尖閣は、戦争を辞さない日本の覚悟を見せればおしまいです。森本さんが最もこの事態に向いている。とにかく、安倍政権の誕生を待ちましょう。伊勢
2012/11/01 14:15 | 伊勢 [ 編集 ]

伊勢さま
 風邪の具合はいかがですか。どうぞお体大切になさって下さいね。 あの中国は今度は外務省を通して、小さな出版社を相手に賠償金1000万円の訴訟を起こしてるそうです。動画を見て正直思った以上に執拗で巧妙で、ホントに呆れました。これに味をしめて次々に訴訟問題を起こさないで!と思います。

【超限戦】言論弾圧の危機、南京取り立て裁判を許すな![桜H24/10/30]
http://www.youtube.com/watch?v=77rUpby3IzE

産経新聞6面のfrom editor「南京取り立て裁判の怪」で展転社の裁判が取り上げられました。
http://tendensha.co.jp/
ご参考
http://tendensha.co.jp/saiban/01.pdf
2012/11/01 11:05 | さくら [ 編集 ]

kazuさん

NY,NJの二州は、全米の中でも失業率の高い地域。住宅の価格は下落し、収税(消費税)が高い。冬季の光熱費は一軒家なら、一月1500ドルはかかる。昨夜、青年時代から親友のユダヤ人(社長)と話した。彼は、コーネル大卒で、亡くなった父親は、デビアというダイアモンド会社の専務だった。

そのNY、NJはハリケーンが過ぎたが、900万人が停電。韓国人の世迷いことに耳を貸す状態じゃない。韓国人はアメリカで最も相手にされない人種。相手にされないので従軍慰安婦などで気を惹く。そんなことやればやるほど、深い淵に沈んでいく。放置すればいい。ぼくが“押し黙る日本人”と書いたのは中国に対してですよ。野田は集団自衛権に一切興味を見せなかった人間。それでも、日米は同盟国?伊勢
2012/11/01 01:17 | 伊勢 [ 編集 ]

風邪をひかれたそうでご自愛ください。
さて、日本の報道で韓国系の連中が、執拗な運動でニューヨークのルーズベルト通り』を『従軍慰安婦通り』にすることが決まっるかのような報道があったみたいです。
この件、伊勢様はご存知でしょうか。

>押し黙る」日本人の性格にぼくも苛々する
そして政治家たちは,やってもない事に謝罪までするのです。
慰安婦も南京虐殺等々のプロパガンダが、拡散するのも日本人の責任です。
押し黙ることは利敵行為です。

南朝鮮からことごとく恩を仇で返されました。
事大主義で生きてきた奴らは相手が弱いと見ると 嵩にかかって
きます。
日本が本気になると、どうなるか思い知らせる時だと思います。
2012/10/31 19:25 | kazu [ 編集 ]

イランの無人機「イスラエル核施設の撮影成功」

中東

 【テヘラン=酒井圭吾】イラン政府は29日、同国が開発した無人機が、イスラエルの核施設の撮影に成功したと発表した。


 イラン国会の国家安全保障・外交委員会によると、写真は、今月6日にイスラエル領空で撃墜されたレバノンのイスラム教シーア派組織ヒズボラの無人機「アイユーブ」が撮影。アイユーブを開発したとするイランに、オンラインでデータが送付されていたという。写真は未公表だが、ヒズボラは「無人機は(イスラエル南部の)ディモナ核施設まで到達した」と主張していた。イスラエルは撮影を否定している。

 イラン軍は昨年12月、米軍の最新鋭無人偵察機「RQ170」を撃墜し、製造情報の解析を進めていたとされる。今年9月には、2000キロの飛行能力を持つ国産無人偵察機「シャヘド129」の配備を発表。11月1日には、ミサイル搭載が可能な武装型無人機の公表を予定している。イランのバヒディ国防相は29日、「イランはあらゆる作戦を遂行できる無人機の保有に成功した」と語った。

(2012年10月30日22時39分 読売新聞)


これ事実だと感じる。イランを観察して30年だが、嘘を言わない民族。ここが、中国、韓国、または、アメリカと違うところ。イスラム教徒は嘘を嫌うからね。伊勢
2012/10/31 13:46 | 伊勢 [ 編集 ]

まったく岡本さんの仰るとおりですね。この「押し黙る」日本人の性格にぼくも苛々する。それも、大事なことに押し黙る。つまらんことには大騒ぎする。伊勢
2012/10/31 13:26 | 伊勢 [ 編集 ]

尖閣不作為の時代の終わり
MITシニアフェロー・岡本行夫

中国攻勢は日本が何もしないから
http://sankei.jp.msn.com/world/news/121031/chn12103103300001-n1.htm
2012/10/31 08:52 | [ 編集 ]

川崎区在住先生

お久しぶり。ショジョジの庭ね。は、は、は 小学校へ入る前から犬が好きだったが、年取ると「愛犬」という意味がよくわかる。柴犬雌のチクデン(13)、びっこひく伊勢爺さんの足元を離れないよ。立止ると、“どうしたの?”と見上げる。可愛いもんだ。薬飲んで昼寝。風邪具合はだいぶんいい。伊勢
2012/10/31 06:06 | 伊勢 [ 編集 ]

お久しぶりです。
偶然の一致か私も風邪を引いて、寝込むほどではないが薄着で北風に吹き晒した報いです。

ところで(腹ぺこの)ラクーンですが、日本では Eartha Kittの歌で[The Hungry Raccoon]がよく知られています。
■Sho-Jo-Ji by Eartha Kitt 証城寺の狸囃子
http://www.youtube.com/watch?v=FycWm8KUK90
2012/10/31 00:28 | 川崎区在住 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する