2017/04/25 (Tue) 伊勢が見るアメリカ・列車強盗(その1)
train-cowboys 1


butch  kid


butch and wildd bunch

左端がサンダンス・キッド。右端がブッチ・キャシデイ。コロラドで撮った写真である。これがピンカートン警備会社の手に入り、「ワイルド・バンチ」は全国手配となった。


butch and kid


開拓者は良くも悪くも強かった。

butch cassidy 3

ブッチ・キャシディ(Butch Cassidy 1866年4月13日 - 1908年11月7日)は、南北戦争が終わってから二年後にユタ州のモルモン教徒の開拓者である両親の間に生まれる。イギリス人とスコットランド人の混血。本名はロバート・ルロイ・パーカー。兄弟13人の長男である。荒野を開拓すると言うが出稼ぎに出て帰らない父親の代わりとなってロバート少年は弟妹を養っていた。弟妹に靴も買ってやれない極貧。やがて、15歳になったロバートは牧童として雇われる。ユタで苦労している母親と12人の弟妹に仕送りをした。牛の移動中に、馬や牛を盗んで密売してカネを掴むことをロバートに牧童の頭だったキャシデイが教えた。牛の移動の季節が終わるとロバート・パーカーは肉屋で働いた。ブッチは肉屋という意味である。ロバート・パーカーは、ブッチ・キャシデイと名を変えた。成長すると生まれながら大胆な若者ブッチは、コロラドの町の銀行を襲った。ブッチはさらに野太くなった。やがてアメリカ史に残る列車強盗および銀行強盗の伝説となる。その後、数多く輩出したアメリカのならず者の代表である。サンダンス・キッドなどと共に強盗団「ブッチ・キャシディのワイルドバンチ」を結成して、ネバダやモンタナなどで銀行強盗や列車強盗を繰り返した。鉄道会社から雇われた探偵に追われて、サンダンス・キッドとともにボリビアに高飛びしたが隠れ家を包囲されて殺されたとされる。1969年の西部劇映画『明日に向って撃て!』の題材になった。

野生のアメリカ

伊勢は自分も野太い男だと思っている。自分は、生まれながら神経が太く、もの怖じしないと思っている。満州にトランクひとつで渡った父に似ていると姉が言う。アメリカに25歳で渡り無職放浪の末、コロラド生まれの女を妻にした。だが、列車強盗やら銀行強盗を決行する性格ではない。開拓時代ならそうなったかも知れない(笑い)。つまらぬトランプや安倍晋三を書かず、「野生のアメリカ」を連載したい。日本の皆さんがアメリカ人を知る一助になれば幸いである。伊勢

2017/04/24 (Mon) おうちに帰りたくない、、

2017/04/23 (Sun) さあ、どうかな、、


USSカール・ビンソンが黄海へ向かっている。二、三日で着くかな? トランプが金正恩を威嚇するために送ったわけだが、さあ、どうかな?


korean penisula

伊勢は、朝鮮人が嫌いなので、南北朝鮮が殺しあえば良いと思っている。だが、それは暴発を除いて起きない公算が大きい。理由は経済だ。日本、韓国、中国はアジア三大経済である。日本の首相、安倍晋三は、トランプを絶賛しているバカ者だ。だが、韓国政府、中国政府は威嚇さえも反対なのだ。晋三のトランプ絶賛も本物などではないから、この三国に反対されて、カールビンソンがトマホークをローンチするわけがない。このアメリカでは、誰もかれも敵視するトランプを笑っている。トランプを支持した人たちが激減した(笑い)。伊勢

2017/04/21 (Fri) 典型的な独裁者病
kou yongi

デイリーNKジャパン編集長の高英起さんを伊勢は高く評価している。流動的で、不安定で、2490万人の国民の生活(食うだけではない)を支える経済もインフラもない国~その指導者は、生殺与奪の権力をひとりで握っており、側近でも説得が不可能、、現代の独裁者とは金正恩のことである。北朝鮮の運命はこの精神病者の手中にある。北朝鮮を読むとは、金正恩のっ精神状態を読むと言うことである。高英起さんの洞察は聞く価値がある。伊勢


金正恩、危険な独裁者をトランプは舐めてはいけない
2017.4.21

米国のトランプ大統領が北朝鮮への強硬発言を繰り返し、一気に緊張度を増したかに見える朝鮮半島情勢。金正恩体制の現実と独裁者の腹の内を、脱北者にも数多く取材をしてきたデイリーNKジャパン編集長の高英起氏に聞いた。(取材・文/ダイヤモンドオンライン編集部 津本朋子)

25日の記念日は要注意
複雑な金正恩の胸中

――朝鮮半島情勢は現在、どの程度危ういと見ておられますか?

核を外交カードと考えていた父・金正日と違い、本気で核武装を目指す金正恩。彼は一体、どんな思惑を持っているのだろうか? 
 4月16日、北朝鮮は中距離弾道ミサイル・ムスダンの発射を行いましたが、少し日本は騒ぎすぎです。ムスダンは今月に入ってから2回目の発射ですし、「日本に向けた」ということではない。あくまで「日本海に向けた」のです。北朝鮮がいきなり日本だけを標的にすることはあり得ない。彼らのターゲットは在韓米軍、在日米軍ですから。

 米国が警戒しているのは大陸間弾道ミサイル(ICBM)。ムスダンなら米国は大きく反応しないだろうと考えたのでしょう。さらに、発射は失敗しました。本気で失敗した可能性ももちろんありますが、敢えて失敗した可能性もあると見ています。北朝鮮なりの“ビビリ”ですね。

――前日の15日は故金日成主席の生誕記念日だったわけですが、今度は25日、朝鮮人民軍の創設記念日がやってきます。この日は警戒すべきでしょうか?

 25日前後までに、核実験もしくは、ICBMかムスダンなどミサイルの発射を行う可能性はあると思います。15日に軍事パレードを開催しましたが、本来パレードは25日を予定していたはずです。それを前倒しにした。25日は何をするのか?小さなパレードとか閲兵式で済ませる可能性もありますが…。

 金正恩の胸中は非常に複雑だと思います。一昨年から米韓は「斬首作戦」に言及しており、正恩は非常に怖がっているはずです。しかし、彼には引けない事情もある。それは対米国ということではなく、実は内政問題なのです。これは北朝鮮に限らず、一般的な国家や会社などにも言えますが、外に敵をつくることで、内側の結束を固めることができますから。

 一方で、彼には米国を舐めている面もあります。13日の平壌・黎明(リョミョン)通りでの竣工式、そして15日の軍事パレードの両方に正恩は姿を現しました。斬首作戦を恐れている人物としては矛盾した行動に見えますが、米国人ジャーナリストもたくさん来ているし、米国は攻撃なんてできないだろう、とタカをくくったのでしょう。

核実験とミサイル発射に明け暮れる
金正恩の本当の狙いとは

――父・金正日以上に、正恩は核実験に執着していますよね。

 金正恩は就任以来、5年で既に3回核実験を行いました。正日は3年ごとに行っていたから、父親を上回るハイペースです。また、ミサイル発射も頻繁に行っています。これは両者の考え方の違いがあるからです。

 正日にとって、核実験は米国などから譲歩を引き出すための外交カードでした。一方彼は、核やミサイル開発が経済にとっては負担になるというマイナスの側面も考慮に入れていた。しかし正恩はそうした計算はしていません。正恩の一番の望みは、自分とファミリー中心の国体を維持することです。核武装を完成させてしまえば、米国といえども、おいそれと手出しはできなくなります。まさにこれが正恩の狙い。つまり父親と違い、本気で核武装を目指しているのです。

 そして、着々と核開発を進めてきた結果、もう完成間近というところまできています。米国が北朝鮮を何とかしたいなら、手だてを打てる時間は、あまり残されていないと考えています。

――米国が北朝鮮攻撃に踏み切る可能性はあるとお考えですか?

 米国が攻撃をすれば、在韓米軍や在日米軍、さらに政府関係者や民間人など、多数の米国人が危険にさらされることになります。果たして米国の世論がこれを許すでしょうか?非常にハードルは高いと思います。

 しかし、たとえばカールビンソンの目前でもし、北朝鮮が核実験やICBM発射をすればどうでしょうか?これを見過ごせば、米国はメンツが立たなくなるから、緊迫度は増すでしょう。お互いに戦争は避けたい、でもメンツは守りたいという綱引き状態です。

 ただ、基本的には、米国がサッと引けば、北朝鮮も引くだろうと思います。実は、2013年の方が今よりもずっと緊張状態で、韓国も大騒ぎしていましたが、4月下旬に国民が農作業に総動員される「田植え戦闘」を北朝鮮国営テレビが宣伝し始めたとき、私は「ああ、これで収束に向かうな」と思い、実際にそうなりました。今年も田植え戦闘が宣伝されれば、ひとまず収まるのではないかと思います。

 ただし、トランプが思うほど、北朝鮮は簡単な国ではありません。彼は、「金正恩は脅せば引くだろう」とタカをくくっているようにも見えます。しかし、祖父(金日成)の代から、米国やロシア、中国といった大国を巧みに手玉に取り、生き延びてきたのが北朝鮮という国です。

 もう1つ、トランプは「中国に圧力をかければ北朝鮮を押さえつけられる」と思っているフシがあります。これは半分は事実ですが、半分は幻想です。影響力はあるにはあるけれど、トランプが思うほど絶対的な影響力を中国は行使できるとは思えません。

「ナンバーツー」は存在せず
金正恩体制のカギを握るのは妹?

――正恩の側近たちは、若き指導者を諌めたりしないのでしょうか?

 正恩はこの5年間で、ほぼ完璧に独裁のシステムを整えました。父親の10倍ものペースで処刑も行っています。下手な進言をすれば一族郎党皆殺しにされてしまうかもしれないから、側近たちは皆、イエスマンです。ただし、正恩の指令をどう遂行するか、これに関しては非常に有能ですよ。欧米の外交官も一目置く外交のスペシャリスト、李容浩(リ・ヨンホ)外務相など優秀な人物も何人かいます。

 北朝鮮にはナンバーツーは存在しません。この国と交渉したいのなら、正恩本人に会わないと意味がないのです。日本人で正恩と会ったことがあるのは料理人の藤本健二さんだけ。中国だって今や、あまり正恩にルートを持っていないのです。

 ただ意外なところに、影響力を持っているのではないかと思われる人物が2人います。正恩の妹・金与正(キム・ヨジョン)と、妻・李雪主(リ・ソルジュ)です。パレードの映像を見ると、側近たちが背筋を伸ばしてピシッと立っているのに対して、妹は気軽に正恩に話しかけたりしている。オテンバだという話もありますね。

 もちろん、妹も妻も政治に詳しくはないでしょう。しかし、こうした女性たちが「怖いから止めましょう」とか、逆に「お兄さん、脅しに屈したら格好悪いわよ」などと発言すると、それがそのまま、正恩の行動を左右するかもしれません。

 垂簾聴政(すいれんちょうせい)という言葉があります。皇帝が幼い場合に、皇后や皇太后が代わりに御簾の裏から政治を行う、ということを指しますが、古来、韓国や中国、そして日本でも見られた王朝国家の1つの統治モデルです。正恩は幼い皇帝というわけではありませんが、似たような形で家族的判断、特に女性の発言がカギを握る可能性があるのです。

北朝鮮のアキレス腱は経済と人権
正恩の健康問題は?

――北朝鮮のアキレス腱は何でしょう?

 経済と人権でしょうね。北朝鮮では国家主導の経済とは別に、大飢饉の中で市民たちが作り上げた闇市など、市民経済と呼ぶべきものがあります。そして、この市民経済は、もう国がコントロールできない規模になっているのです。

 また、人権問題も侮れません。西欧は人権に非常に敏感で、国連の人権決議は北朝鮮に対して厳しい。今や、金正恩はポル・ポトやスターリン、ヒトラーに準ずる人物と見なされています。今後、人権問題でさらなるプレッシャーをかけられる可能性は十分にあります。

――身長171センチで130キロもある激太りや通風説などが報じられていますが、金正恩自身の健康問題はどう見ておられますか?

 身体の問題ももちろんありますが、それ以上に私が不安に思うのは、彼の精神状態です。私は心理学の専門家ではありませんから断言はできませんが、典型的な独裁者病とでも言うべき精神状態に陥っているのではないかと危惧しています。

 実際、米国は正恩をパラノイア(妄想症)と分析していると聞きますし、攻撃や非難を受けたと被害妄想的に思い込んだり、核ミサイルに執着するといった言動は、精神の不安定さを想起させます。

 米国に目を転じれば、トランプの精神状態を不安視する声もありますよね。不安定な心を持つ最高権力者同士なのだとすれば、あらぬ行動に走り、いきなり緊張状態が生み出されても何の不思議もありません。米国と北朝鮮によるチキンゲーム状態と言えるでしょう。

2017/04/19 (Wed) 安倍晋三は、偽の指導者である
north korea rattle

米原子力空母カールビンソンと、空母を中心とした打撃群が朝鮮半島近海に間もなく姿を現す。豪州に向かう予定を変更しての行動。誘導ミサイル駆逐艦ステレットを含む水上戦闘群も合流するとされる。米韓関係筋によれば、北朝鮮が6回目の核実験や大陸間弾道弾(ICBM)の発射に踏み切れば、「施設への攻撃」も検討されているという。朝鮮半島は事実上の“臨戦態勢”に入ったといえる。(朝日新聞ソウル支局長 牧野愛博)


abe no prep

この二枚舌噓造は、「国民の生命と財産を守る」と言い続けてきた。軍事評論家が一致していることがある。それは、「日本は専守防衛では守れず、中国には尖閣を取られ~韓国は竹島を自分のものとし~北朝鮮のミサイルにも立ち向かえない」と言うことである。中学校の教科書では、専守防衛が憲法宣言のごとく書いている。勿論、憲法でも法律でもないのである。非核三原則も同様に法律ではなく、田中角栄から安倍晋三まで、自民党の政策としてきた。このような首相が国民の生命財産を守れるわけがない。


trump jerk

安倍晋三が頼っているのは、この道化師である。北朝鮮とアメリカは、睨み合ったままである。だが、「原因が何であれ、突然、暴発して全面戦争に至る可能性が高い」とダイアモンド紙が書いた。


何も用意がない晋三

安倍晋三は、二枚舌で、その場をゴマカシて逃げて行く。何も用意をしていないのは明らかである。ここは、茨木県警と同じである。つまり、事件が起きるまで何もやらない。または、出来ないと決めている。犠牲者が出ても加害者の所為にして自分の責任ではないと主張するだろう。つまり「戦争なんだから」とね。この首相の下で日本は滅びる。伊勢

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する