FC2ブログ
2019/07/16 (Tue) レゲエとビートルズ、、


ボブ・マレーは、18歳だった。バンドを作って、二年目、この「ワンラブ」がレコードになり、ロックで鳴り響いていたビートルズやプレスリーを超えて、その1965年のトップに躍り出た。これがカリブ海はジャマイカのレゲエです。テレビ全盛期でもあり、そのリズミックナ音律とマレーの明るい声は世界の人々を驚かせたんです。マレーは、政府の圧制に反抗したんです。キューバ革命のころに育ったからでしょうね。カストロやチェ・ゲバラに革命の夢を見た。マレーと妻とマネージャーがキングストンの舞台で銃撃を受け、マネージャーは即死。マレー夫婦は重症を負ったが命を取りとめた。マレー夫婦はアフリカのケニアに亡命して、反政府活動を続けた。マレーの医者がマレーの足の親指に癌を発見して切除を勧めたが、宗教を理由に拒んだ。ボブ・マレーは、36歳の若さで世を去った。マレーは、伊勢の4歳、年下。伊勢は、78でまだ生きている。今週の木曜日には、シアトル~東京~佐世保~岩国~沖縄へ飛ぶ。米軍基地視察です。この伊勢も革命を夢見る一人なんだけどね。社会主義革命じゃないよ(笑い)。伊勢



みなさんは、どちらが好きですか?伊勢は、ジョン・レノンと付き合ったけど、ボブ・マレーが好きなんです。反抗心に共感するからだろうね。伊勢

2019/07/14 (Sun) ルイジアナのわが家


これは、わが家の前の道路なんです。向かい側は中学校です。ポンチャートレンという湖とわが家の間にモンロ―という道が横切っている。そのモンローから南が洪水なんですが、わが敷地は2メートル水面より高く、さらに、わが家は、1.5メートル上げてある。階段で上がります。ということで、洪水保険には入る必要がない。現在は、雨がシトシトと降っているだけで、防風注意報は出ていない。わが家は森なので、樹が倒れると屋根をやられるんです。なんどもやられて、修理は、1万ドルから2万ドル。きゃあ!伊勢

去年やられた


2019/07/13 (Sat) 日米の海保の違い、、


伊勢夫婦がゴッド・ペアレンツとなっているコービー・コーラは看護婦さん。彼女が米沿岸警備隊員の青年と結婚した。もう妊娠したと言ってきた。米沿岸警備隊は日本で言えば海上保安庁です。国情が違うとはいえ、随分、違うねえ。



これは、10年前の尖閣沖で中國漁船が海保に意図的に衝突した事件。海保の巡視船がスピードを上げて逃げていく、、

全てに腰が退けている日本

捕鯨反対のシー・シェパードが日本の捕鯨調査船に体当たりしたときも、日本は腰が退けていたよね?そういう専守防衛の姿勢では、相手はいよいよツケ上がるんだけどね?でも、日本政府はついに韓国を制裁することに決めた。しかし撤回する可能性がある。伊勢は安倍晋三を疑っている人間です。伊勢

2019/07/12 (Fri) 朝鮮人は、恩を仇で返した、、


高校時代の級友のお父さんは、警視総監一歩手前まで登った人でした。稲田登戸のご自宅を訪問したとき、91歳になられていた。伊勢の訪問をたいへん喜ばれた。この人は、朝鮮総督府の警察のトップであられた。京城大学の同級生は戦後も日韓交流のためによく東京に来た。「日本が朝鮮(韓国)の近代化に努力を惜しまなかったと感謝していた」とおっしゃった。

朝鮮人は恩を仇で返した

これを書くつもりはないですが、朝鮮人は日本人に忌み嫌われ、国交断絶を求めるほど、日本人の反韓感情が高まっている。

日韓併合は愚策だったのか?

日本史を学んだ人なら、帝国日本が日清戦争で勝ち、台湾、遼東半島を日本の統治下において発展させたことぐらいご存知ですよね?さらに、津島沖海戦~203高地~瀋陽の戦いを勝ち抜いて、ニコライ皇帝のロシア軍を破った。明治天皇ご崩御の日、乃木希典大将とご夫人が自刃された。日本人は、現在でも、その偉業を語る。伊勢の父、兄たち、その妻たちが代表するように、日清日露戦争で勝った明治の日本人を誇りに思っているんです。日韓併合もその誇りの一つなんです。第二次大戦後、韓国が日本を裏切る政治を行ってきたことを理由に、「愚策だった」と昭和生まれのハヤブサさんが言うのは、命を賭けた先人に対する侮辱なんです。伊勢

2019/07/11 (Thu) ロリータ・アイランド(その2)


エプスタインを最も軽い刑で釈放したアレックス・アコスタは、「自分とトランプ大統領の仲はとても素晴らしいもので、労働長官を辞任する気はない」と言った。「野球のバットで骨を粉々にしろ!」「焼き殺せ!」などの轟々たる批判を受けている。今まで、派手な演技で強気だったトランプが防衛に回っている。女性のリポーターの質問にタジタジとね(笑い)。当時、少女だった女性たちは30歳を超えている。みんなテレビに出て堂々と話している。アメリカ史上最大の訴訟になるとのことです。伊勢

最近の記事

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する